ドッグフードの色々

世の中にはペット商品が溢れています。特にペットの中でも1~2位を争う人気の犬のための食事は、かなりの種類が販売されているでしょう。犬のごはんとして手軽に与えることができるドッグフードですが、毎日食べさせるものだからこそ、体に合った優しいものをあげたいものです。テレビCMでよく見かけるから、そんな理由で選んでは、実はワンちゃんに合っていない場合があります。きちんと愛犬の特徴を踏まえ、選ぶようにしましょう。

ドッグフードのタイプは、大きく分けて2種類あります。大袋に入っている固形のドライフードと、缶詰などに入っている柔らかい状態のウェットフードです。ドライタイプは日持ちしますし、ウェットタイプは栄養価が豊富で味が良いという特徴があります。ただウェットタイプのほうは水分量が多いため、一日分の栄養を取るためには、より多く食べさせなければならないという一面も持っています。そのほか、最近ではその中間であるセミモイストタイプやソフトドライタイプなども増えてきました。いずれも水分量と栄養分のバランスの問題なので、愛犬の好みだけでなく、体のことを考えて与える量や種類を調節しましょう。

ドッグフードに含まれる成分はそれぞれ違います。年齢や体質など、愛犬に合わせたドッグフードを選ぶことが大切です。しかし大量に出回っているドッグフードからぴったりのものを探すのは至難の業。どのドッグフードを選んだらいいのかわからない、そんな人はぜひこのサイトを参考にしてみてください。